home > ブログ > 2011年12月

アクアマリンのリング&ペンダント 2011.12.29

ホームページもリニューアルされブログも新しくなった今年のリオルーアでした。ホームページ内の操作が全て新しくなりこのブログの書き換えもかなりの上級テクニックが必要となり四苦八苦しましたがサポートの〔ホームページ製作会社スターティアラボさん)

担当のAさんのお陰でなんとかマスター。無事書きかえ作業も進行中です。

さて本日は新作のアクアマリンリング&ペンダントです。

アクアマリンは大ぶりの石をブラジルで仕入れました。生地の面白い石で石の中には細かいチューブインクルージョンが多数見られます。また、色も非常に濃く綺麗な水色です。アクアマリンは通常無傷の石が基本でしたが近年ブラジルではむしろこの自然の内包物が自然の美しさと取り大きめの石にインクルージョンが入った物がファッションジュエリーでは受けています。この様な石は時々研磨工の判断でカボションに磨きキャッツアイが出る事を期待します。

しかし、今回の石はあえてそれはしなかった様子です。恐らくネコ目効果が出るには若干インクルージョが不足と判断したのでしょう。その代わり通常のオーバルカットでテーブル面はチェスカットになっていて光沢があり面白い石です。

 

 

 IMG_1402.jpg

 

 IMG_1403.jpg

 色が濃く大ぶりのアクアマリンで遊ぶ感覚!!贅沢です!!17.75Ct/0.07ct/¥360.000-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1405.jpg

 

 IMG_1406.jpg

素敵なカラーダイヤペンダント 2011.12.28

2011年も残すところあ僅かとなりましたが皆さんにとって今年はどん年だったのでしょうか??

大変な震災もあった年でしたがこうして新年を迎えられることは本当に幸せな事と実感いたします。

 

お話は変わりますが先日当店で良くオーダーを下さるお客様が以前お作りしたマルチカラーダイヤのペンダントヘッドをしてお店に颯爽と遊びに来てくれお客様の見事なコーディネイトも非常に素晴らしく、自分でデザインしたペンダントでしたが思わず「うちも随分いいものを作っているなあ??」と自画自賛、改めて実感してしまいました。この時はナチュラルのローズカットのカラーダイヤのロットをお客様に御見せしてそのロットを元にこのペンダントデザインを考案したのでした。

イメージは正に銀河系のミルキーウエイ(天の川)でした。お客さまにはあまりにも素敵だったのですぐその場でお願いしてこの様な写真を撮らせて頂きました。

この時のピアスはやはり透かし系のゴールド梨地仕上げで細かなメレーであしらったものでした。

当店で作る個性的なオリジナルジュエリーは生かすも殺すもお客様のコーディネート次第です。

是非上手にアレンジして皆さんに使いこなしてもらいたい物です。

 

IMG_1390.jpg

 

 

 
 
 
 
IMG_1392.jpg
ブラウン、イエロー、スモーキー、オレンジ、グレーなど等の天然色ローズカットのダイヤを加工いたしました。

 

 

ダイヤモンドピンキー新作リング 2011.

 

マーキースダイヤのルースを以前から持っていたものをピンキーリングに加工してみました。

小ぶりな石なので回りに小ぶりのメレーを巻いています。

全体は少し渋めにつや消しにしてあり、サブのリングと言うよりもメインで使って欲しいリングです。

こんなピンキーをさりげなく付けているとカッコイイですね!!

 

IMG_1395.jpg

 
 
 
 
 
IMG_1399.jpg
H−I1 0.32ct/0.12ct  ¥210.000-

ダイヤペンダントのリフォーム 2011.12.26

 先日、ネットで検索し初めてのお客様が御来店。最初はアクセサリーの修理でお見えになりましたが

お嬢様から預かったダイヤペンダントをリフォームしたいとのご希望。元々は丸いダイヤが横並びに2つの雪だるまの様なデザインのペンダントでしたがそれにご主人様が嘗てお勤めだった時代の社章に、エメ、サファイア、ルビー等が付いた物をお持込なり(恐らく会社からの賞だったのかも知れませんが・・)出来ればそれらを外してペンダントにアレンジしたいとのご希望。比較的オーソドックスではありましたが、ご覧の様なスリーストン系のペンダントに最下部のダイヤのみは当店で御用意して加工いたしました。

全体を伏せ込みで加工した関係で非常にスッキリしたデザインになっております。

初めてリフォームをされるお客様はこの様にありそうで無さそうなデザインが安心感があってよい場合も有ります。いずれにしてもカウンセリングしながらお好みを聞き出すのです。

 

IMG_1378.jpg

 

 

 

東京湾でシーバスフィッシングして来ました。 2011.12.22

ジュエリーショップのブログなのに何で釣り??と不思議に思うお客様も多とは思いますが

フライフィッシングなくして私の人生は語れない程実は釣り好きな私なのです。

しかし、そこはジュエリーデザイナー、生き餌などを使うわけではなく色とりどりのマテリアルを針に巻いて美しいフライ〔毛バり)を作ります。その、自作のフライで釣れるからこそゲーム性があり魚との駆け引きが面白いのです。この日は友人と横浜港からガイドさんをお願いして出発!!土曜の夜10時?明け方4時ごろまで横浜湾内に停泊するタンカー周りを攻めました。

結果7−8本のスズキが釣れそのうちの大物が画像の魚です。

70cm程あり出世魚のスズキは30センチまでがフッコ、60センチまでがセイゴ、それ以上がスズキと名前を変えます。この時期は身も締り凄く美味しい白身ですよ。でも今回の大物は産卵前の大事な身体、そっとリリースしてあげました。

また、海上側からみなと未来地区や本牧、磯子地区の幻想的な夜景は釣り人しか見ることが出来ない景色です。たまにこんな凄いのが釣れるから釣りは止められませんね!〔笑)

 

 

IMG_1387.jpg

 

 

 

グリーンスフェーンのオーダーリング 2011.12.21

店頭にあったグリンスフェーンのルースをお求め頂いたお客様より加工のご依頼を受けました。

 コレクションボックスの中からお好みのシャープな透かしデザインを気に入られそれをアレンジした形でリングにしてみました。

石周りは極少のメレーをマイクロセッテイングで留めて取り巻きでも品良くメレーが入っています。

また透かしだけではやや淋しいので大粒のプリンセスメレーも両サイドにあしらっています。

加工する場合、このようにもし、お客様のイメージが余り無い場合でも在庫のコレクションボックスからお好みのタイプを見つけ出して頂くとデザインし易い場合も有ります。

 IMG_0853.jpg

 

 こちらの当店のオリジナルショコラパールリングを見てお話が決まりました。

 

 

 
IMG_1327.jpg

 

 完成したグリンスフェーンのリング

 

IMG_1328.jpg

ジュエリーリフォーム参考例  2011.12.20

先日、昔ご主人様からプレゼントされたリングを沢山お持込になり使い易いいデザインにしたいと言うご要望のお客様が来店されました。ご主人様の遺してくれた思い出のリングを少しでも身につける機会があればと言う事で色々カウンセリングさせてもらった結果シンプルで使いやすいデザインがお好みと言う事でルビー、グリンガーネット、マルチメレー、そして南洋真珠のペンダントの合計4点で承りました。いずれも細身でミル打ちなどでアクセントを付けるデザインです。お手持ちの石の中で組み合わせないといけないためグリンガーネットとエメラルドは同じリングに使ってみました。

4点で30万位のご予算通常では厳しいお値段ですが、幸いリフォーム前リングがかなりガッチリ出来ていたので枠代差し引きでご予算内で納めることに成功!!お客様にも喜ばれました。

15-20年程前のジュエリーは地金をたっぷり使って豪華に!!!が当時のトレンドでしたので地金の値段が当時の4倍もする現在は持ち込まれる地金下取り分だけでもかなりのお得感があります。最近のデザインの傾向としては軽めに出来るデザインが主流ですのでお客様は安心してリフォーム出来る絶好のチャンスです。

 
IMG_1359.jpg


IMG_1362.jpg
  この枠の中央にルビーが入っていました。 IMG_1394.jpg
       
  IMG_1344.jpg IMG_1318.jpg
 

お隣のグリンガーネットリングの空枠の周りに
カラフルな半貴石のメレーが入っていました。

それをアレンジしてご覧のリングを製作しました。

   
 

ブライダルリングのオーダー製作 2011.12.19

 

ブライダルリング製作を依頼されました。ダイヤプリンセスのエンゲージリングにペアリングそれぞれプラチナ仕上げと言う事でした。今回は非常にレアなケースだったのですが、ウエーブデザイナーの方が九州のご友人のカップルの為にデザインを考えられそれを形にしたいと言う事でPCで描かれたデザイン画を持ち込まれました。まず、エンゲージリングはプリンセスダイヤを使用それをシンプルな腕が挟み込んでいるデザインです。通常先の部分は引っかかる等の問題が生じやすいのですが今回はデザインされたお客様の拘りであえて飛び出したデザインに。この飛び出した先がペアリングを装着した際、リング中央にある溝に少し掛かるコンセプトだそうです。

次にペアリングは最初甲丸に溝が交互に入っていてそれを繋げると一つのデザインになると言うコンセプト、女性のリングの溝の中には極少のプリンセスダイヤが3PC入っています。

また男性のリングが甲丸ではないのは元々は同じタイプのデザインの予定がフライフィッシングを通してのお友達と言う事でお客様がご自身で考えられたインデアン系の面白いマークを入れなくてはならず、近年流行のレーザー彫りでするためにはリング表面をフラット又はご覧のような三角腕にしなければならずこの様なペアリングになりました。少々苦労致しましたが最終的に男性的で納得していただけるオーダーリングとなりました。

 

 
IMG_1370.jpg
IMG_1368.jpg   IMG_1376.jpg
 

珍しいダブルスフェーンのオーダーリング 2011.12.17

先日、お客様のご注文でスフェーンのリング加工を承りました。

一つは代表的なグリン系もう一つは珍しいブラウン系〔ロシア産)でした。この二つの石を使って一つのリングに加工するというご希望でした。

シンプルなデザインではありますが何しろ輝きがダイヤ並みに光るスフェーンですので非常に出来上がりは見栄えがします。しかも、珍しい二色使いです。この様なデザインの場合はなんと言っても石の存在感が大事です。

 IMG_1337.jpg

 
IMG_1336.jpg

 

ブラジルのクリスマス  2011.12.13

今年は寒波の影響で寒いクリスマスになりそうですがブラジルのクリスマスは真夏です。ブラジルでクリスマスを迎えたときは何だかちっともクリスマスらしくなくて気分が出ないものでした。

元々クリスマスの習慣自体北半球の物なので無理もありません。オーストラリアなども同様です。ブラジルのクリスマスは日本のお正月に似ていて地方からサンパウロ等の大都市に出てきている人々は皆家族の待つ田舎に里帰りをします。家族で静かに過ごすのがクリスマスなのです。ところが日本はイベント的なイメージが強いクリスマスは恋人と過ごす又は友達とわいわいがやがやする等の雰囲気が強い様です。ブラジルでは6月に恋人の日と言うのが別にありこの日に恋人と過ごします。これは好きな人に告白出来るバレンタインデーとは趣向が異なり恋人同士のカップルの日となります。

話が脱線しましたがブラジルのオフィス街ではクリスマスにはシュレッダーに掛けた紙切れなどを細かくし紙ふぶきにしてビル中から撒き散らします。雪の降らない南国なのせめてもの雪のイメージなんでしょうか??それにしても翌朝真っ白になった大通りをオレンジ色の作業服を着た市の清掃員の方々が黙々と箒で掃いている姿には心が痛みました。

しかし、これ良しとする市も寛大です。また、そんなけち臭い事言わない所もブラジルなのです。」また、クリスマスケーキ代わりにイタリア等でも良く食べられるフルーツケーキのパネトーネがクリスマスケーキの代わりになります。暑い暑い真夏のクリスマス地球温暖化によっていつか日本のクリスマスもそうならない様に願いたい物です。

 

 
t__Sao050.jpg
サンパウロのダウンタウン セントロ地区
t__Sao014.jpg
ビジネス街のパウリスタ地区

 

 

今年は大変な一年でした。 2011.12.10

今年一年を振り返って皆さんはどんな年だったでしょうか??3/11の震災を境に日本国民の人生観が変わった一年だった事は間違いありません。

私達の普段の普通の生活が当たり前が当たり前でなくなる??そんな事考えられもしなかったと思います。3/11をきっかけに今年は結婚に踏み切るカップルも急増したとか?確かに思い切る絶好の機会だったのかもしれません。また、絆と言う意味でのジュエリーの購入者も増えたと聞きます。もともとジュエリーは古くから宗教上でも非常に重要な役割を占めていて幸運、お守りなどと言った意味合いが強い物です。そんな今回の恒例プレセールは皆さんそれぞれの価値観で本当に好きなものをお求め頂いております。

震災のあった2011にお求め頂いたジュエリーは色々な意味で本当に深い思い出になるジュエリーになると思います。

 
DH000032.jpg
 アマゾン川に沈む夕日 (著者撮影)

今日は寒いですね!!  2011.12.9

今週はプレセール期間の為、日曜日も営業予定です。〔11:00?18:00)普段平日にはお越しになれないお客様も是非御来店下さい。

今朝は寒かったですね!!今年一番の冷え込みだったとか?!最低気温は4度でも私の自宅近辺の横浜市青葉区あたりだと3度くらいだったと思います。

雨もパラパラ降っておりましたが今にも雪になりそうな氷雨でした。東京でも雪が降ってる!!みたいな情報もあったそうです。でもクリスマスのシーズンですから寒くないと気分が出ませんよね??昔からこんな時期に売れる石はルビーやガーネット、琥珀などなどの暖色系の石が主流です。特にガーネット系は昔よりもお目にかかれる種類も多く奇麗な色が楽しめます。

アマンダイト、スペッサー、ロードナイト,マンダリン、パイロープ、それ以外にはデマトイドやグロッシュラー、ツアボライトなども緑系では有名です。特にアルマンダイトガーネットは昔の研磨では濃い目の赤い色が旨く現れずガーネットは黒っぽいから嫌!!みたいに思われた時期も有りました。ところが最近の素晴らしい研磨の技術によりこうした石も実に美しい光を放つカッテングで仕上げられるようになったのです。恐らく最近のガーネットの中で昔のようにあまり光らないで黒っぽい石は探すのが難しいと思います。

そんな訳で今月はガーネットの事少し思い出して上げてください。

ちなみにガーネットは昔、十字軍の兵士が巾着に入れお守り代わりに戦争に持っていった際、ピストルの弾がたまたま石に当たり兵士の命を救ったという逸話が残っており、守り石としても昔から大事にされているのです。

 
IMG_1315.jpg
 

今週は日曜日も営業いたします! 2011.12.7

 

今週はプレセール期間の為、日曜日も営業予定です。〔11:00?18:00)普段平日にはお越しになれないお客様も是非御来店下さい。

今回は40-50%OFFになるものが人気のようで地金の高騰する以前に製作したジュエリーは最近では絶対にしないかなり贅沢な地金たっぷりの加工となっております。当店のジュエリーは特に流行を追いかけている物ではなくあくまでオリジナルなので他と比べられる事もありません。

お店としましては在庫の古い順から出してしまいたいのでお客様が一番得をするわけです。

宝石のデザインは時代の背景により地金の使い方がかなり変わります。90年代?2005年頃までは一番地金が安かった時代の為当時の宝飾品はどれも凄いボリューム感があったものでした。反対に最近は繊細なデザインが主流になりつつあります。

ブチラッティー等に代表される繊細なレース系加工技術は過去のこうした地金が高騰した時代背景などもあるのです。現在のような地金の高騰している時代では加工技術が更に進化する時代とも言えます。

 
IMG_1312.jpg
 

 

プレセール開催いたしました。 2011.12.05

 

今日から恒例のプレセールが始まりました。

初日と言う事もあり朝から沢山のお客様が見えて賑やかな一日でした。

皆さんジックリとご覧になって期間中でないとお求め頂けない物(20%OFF?)上手に買われて行きました。

今回の記念品は可愛いエナメル仕上げのホイッスルストラップで緊急時にはなんとホイッッスルにもなって身の危険を知らせる事が出来る優れものです。(大好評)

まだまだお買い得品が沢山ございますので是非お出かけ下さい。

 
img033.jpg
 

 

?