home > ブログ > 2012年02月

オーダメイドジュエリー&リフォームの楽しみ方 2012.2.29

先日、日経新聞に最近ブランドでもオーダーメイドの需要が高まりつつあるという記事をみました。それは、日本が成熟した社会となりお客様は既に色々なものをお持ちの時代。それを本当に満足させるのはオーダーメイドということなのです。

それは最近の車にも言えることでシートや内装の雰囲気をオリジナルに出来るという少々高くても自分だけ一品として満足して使えるという事のようです。しかし、こうした、車やブランド品はパターンオーダーと言うシステムでありジェエリーの加工で言うならば既製の空枠を使用したセミオーダーに近いものだと思います。

特にリオルーアのジュエリーリフォームやオーダーメイドではデザイン画よりお客さまと納得が行くまでカウンセリングし作り上げる正に世界の一品なのです。

完成したお品物はリフォーム、オーダーメイドどちらもお客様から非常に満足頂いております。

また当店の場合、数あるオリジナル商品も交えて完成品の雰囲気も見ていただくためデザイン画だけではなく安心感もあります。またこうした完成品もオリジナル1点ものですのでこちらをお求め頂く事も勿論出来ます。

フルオーダーに不安をお持ちのお客様でもきっとご満足頂けると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

DCIM0097.jpg

 

迫力のルチライト(ルチルテッドクオーツ)  2012.2.28

2月ももう終わりですが今年は特に寒さが厳しかったですね??ラニーニャ現象の原因だった様です。昔から2月や8月は商売は停滞する月として有名です。バレンタインを作ったののもそんな時期に経済を活性化させる狙いがあったのでしょう。

そんな、今月の終わりには金運をもたらすラッキーストンのルチライトをご紹介いたします。

この石は水晶の中にチタン系の鉱物の針状の結晶が入った石です。

勿論、天然の為、針の入り方などは全て違います。ゴールド色のタイプが最も有名ですが、他にもブラックトルマリンの針状の結晶が入ったブラックルチルや針が鉄鉱石の成分の多い所から産出する為、地中で針のみが酸化して赤くなったストロベリールチルなどがあります。

最近は特にパワーストンブームや風水などのお陰で人気はうなぎのぼりの石となりました。

特にこの写真の様な美しいルチルは稀少です。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1530.jpg

89ct/ の迫力の石です。

最高品質のレインボームーンストン 2012.2.25

ムーンストンと聞くとシルーバー製品やパワーストン等の印象があるかも知れません。

しかし、どんな種類のカラーストンでも最高品質というものは数は少なくても存在いたします。

今日ご紹介する石は先日の香港ジュエリーショーインドブースにて見つけたムーンストンのの主な産地はインド、スリランカ)極めて珍しいレインボームーンストンです。まず、キズが全く無い事。カボションの山が非常に高くシラー効果(月明かりのようにぼんやりと光る)が良く出ている。ブルー、グリーン、イエロー等様々な色が出ている。と言った条件が揃っています。また、カボションは通常オーバルですがこの石はスクエアー系のカボション。このシェイプも珍しい石です。

ここまでの石は正にジェムクオリティーと呼ばる宝石。加工もお金をかける価値があります。

 

5.60ct/¥188.000-   是非、現物をご覧いただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1527.jpg

レインボームーンストン

ピンク色のエメラルド??レッドベリル(ビックスバイト) 2012.2.24

今日は昨日に引き続きアメリカの石のご紹介!!ピンク色のエメラルドがあるのご存知ですか??正確にはレッドベリル(ビックスバイト)と言う石です。元々ビックスバイトは比較的明るいピンクでしたので、後から産出した濃い色のこの石をレッドベリルと呼んでいます。エメラルドはコロンビア、ブラジル、アフリカ、インドと産出していますが、このレッドベリルに関してはなぜか今の所アメリカからしか産出がありません。

ブラジル辺りから出ても不思議ではないのですが・・と言うわけでこの石も非常に高価なレアストーンと言う事になります。ベリルと言う石にはエメラルドの他にアクアマリン、や最近人気のモルガナイトなどがあります。他にもゴールデンベリルやヘリオドール(淡い黄緑の)などがあります。

透明なタイプはゴッシュナイトと言います。

エメラルドが着色される自然界の成分はクロムによりますが、このレッドベリルはマンガンによる着色です。アメリカのユタ州が産地です。

あるお客様は長年掛けてこの石を購入されエメラルドとレッドベリルの二つを組み合わせた贅沢なリングを作られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1510.jpg

 ¥305.000-/0.32ct

これはレア物!!ロードクロサイトカット石 2012.2.23

ロードクロサイト又はインカローズの名前は最近パワーストンブームのお陰で大分有名になってきました。今回ご紹介するルースはアメリカ産のカットされたロードクロサイトです。この、石通常では白い縞が入ったり色が詰まっていたりするのが特徴なのですが、この石はご覧のように完璧に透明でしかもまるでパパラチアサフアイアの様な色が出ています。これだけ透明な原石が産出するのは残念ながらアメリカのみで採掘コストの非常に高い場所柄お値段もどうしても高くなります。もし、アルゼンチンやインド、アフリカ辺りから産出すればもう少しリーズナブルな価格で出てくるはずなのですが・・いずれにしてもコレクター垂涎の的の石でしょう。一つ残念な事は硬度が軟らかいと言う事でしょうか??モース硬度は3.5〜4 これは珊瑚などと同じ硬さでリングとして扱う際は注意が必要です。

 

 IMG_1517.jpg

 こちらは通常のロードクロサイトまるで別物です。

 

 

 

 

 

IMG_1516.jpg

 ¥275.000-/2.19ct

2012香港国際宝飾展  2012.2.21

先週は香港国際宝飾展があり現地まで行って参りました。昨年もこの展示会には参りましたが毎回度肝を抜かされるスケールと世界中から出店しているその数には圧倒されます。東京のIJT国際宝飾展と比較するとその規模は4−5倍はあるのではないでしょうか??しかも、今回の規模は9月に比べると小さいようで9月は中心街と飛行場近くの新しい会場での開催で今回は3日間の滞在でしたが9月は6日間はないと十分に見切れないほどの規模なのです。

会場では親しいブラジルからの業者さんとも再会しランチを共にしたり、ブラジルやスペイン、イタリア等得意のポルトガル語が英語以上に活躍すると言う面白い場面も多かったのです。ラテンの人々は英語よりもラテン語系の言語の方が更に親切にしてくれたり勿論交渉がスムースに行ったりするものなのです。今回は円高の影響なのか??日本からのバイヤーは昨年よりも若干増えた様子。また驚いたのは日本からの出展社が多かった事でしょうか?。それにしても香港は今の中国パワーの中心街!!会場の熱気も凄いのですが街を歩いても不景気と言う言葉はここでは全く感じられません。どこのレストランも空席待ちの行列でした。ブラジルから来た友人からの話ではブラジルも今だ嘗てない好景気に沸き一時は閉店しようか迷っていた日本食屋さんなどは最近お札を数える機械まで購入したとの信じられないようなお話??本当にどちらの国々も凄い景気の様です。

我々私達、日本も負けないように頑張らなくては!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

DCIM0060.jpg

 

2月の誕生石アメジスト 2012.2.15

2月も中旬となりましたが皆様如何お過ごしですか??

今月の誕生石はアメジスト少し地味目石なのであまり好きではない?方も居るのではないでしょうか?しかし、一口にアメジストと言っても様々です。この石の最大の産地はブラジル、しかも南部のリオグランデドスール辺りが最大です。最近流行のパワーストンのお店に並ぶ原石もこのリオグランデドスール産です。ブラジルには様々な裸石専門のルース屋さんとこの巨大な置物として楽しむ原石屋さんとは違う職業です。ブラジルではアマゾン地方のパラ州や北部バイヤ州からもアメジストが出ます。また近年サンパウロ近くの海岸山脈から良質なアメジストが産出して話題となりましたが、残念ながらこの地帯は州立公園で噂を聞きつけた森林警察があっという間に閉鎖してしまった残念な話がありました。世界のアマゾン、ブラジルの自然ですから仕方有りません。しかも、こうした環境保全に対しブラジルは海外から援助金も貰った居るとの事。また赤みが差して濃厚な美しい最高級の色のアメジストはウルグアイ産とも言われています。こんな美しいアメジストを見るとこの石も本当に綺麗だな??と感心してしまいます。ご来店されるお客さんにこうした最高級のアメジストをご覧に入れると皆さん『こんなに綺麗なアメジスト初めて観ました!!」と感動してくださいます。又反対に近頃は色の薄いアメジストをローズアメジストと呼び若い女性からは人気が有ります。このローズアメジスト熱処理した淡いグリーン系の石をグリーンアメジストまたはプラジオライトと呼んでいます。をまた、この石は昔から魔よけやお酒に悪酔いしないなどと言われ常に身につけていると良いと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2006_11040007.jpg

 

エチオピア産のオパール 2012.2.14

 

バレンタインデーの朝ですが皆様お元気でしょうか??

このブログをご覧の皆様も何方かにチョコを贈りましたか??

さて、本日ご紹介するのはオパールです。オパールと言えばオーストラリアやメキシコが本場ですが、嘗てゴンドワナ大陸と呼ばれた巨大な大陸に属したアフリカや南米などでも同じ石が出る可能性が大なのです。ブラジルでも北部ピアウイ州でも昔からオパールが産出します。今回ご紹介するのはアフリカのエチオピア産のオパールです。かなり以前から産出はあったものの近年積極的に販売し出した模様です。

メキシコのウォーターオパールに似た雰囲気でレインボームーンストンの様な上品さがあります。オーストラリアやメキシコ産よりもお値段がリーズナブルな所がまた魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1506.jpg

 IMG_1504.jpg

 

レア物!ウンバライトガーネット 2012.2.13

ウンバライト???聞きなれない石だと思いますが、実はガーネットの仲間なんです。赤紫の非常に上品な色合いです。マラヤガーネットと言う新種のガーネットが産出した際、マラヤの意味の俗語がありあまり好ましくないと言う事から別の石の名前を考案、タンザニアのウンバロ鉱山から採掘されたことからこの名前が付きました。

色はアルマンダイトの代表的な赤〜オレンジ系のスペッサータイトガーネットの中間と言われており正に写真の様な色合いの石となります。ガーネットの種類も驚くほど多くてその種類は近年新種の発見と共に増え続けております。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1500.jpg

 

バイカラートルマリン 2012.02.10

トルマリンと言う石は実に様々な色がある石です。その色のバリエーションはカラーストンナンバーワンかも知れません。有名なグリントルマリン、赤のルーベライト、ピンクのピンクトルマリン,黄色のイエロートルマリン、紫のシベライト、スイカのようなウォーターメロントルマリン茶系のドラバイト、ブルー系のインデコライト、近年爆発的に有名に成ったパライバトルマリン、そして色の2〜3色分かれるバイカラー(パートカラー〕トルマリンなどです。本当に種類の多い石ですがその中でもバイカラートルマリンは面白い石です。何しろ一つの石の中に2、3種類の違う色が存在する訳ですから。この現象はトルマリンの成分の中に石が出来る際、違う2種類の着色成分が入り込み(鉄、マンガン、マグネシウムなど〕この様な不思議な色になるのです。

ですから色も様々で石それぞれの採掘された鉱山によって違ってくるのです。

こんなにユニークな宝石で皆さんも世界に一つのジュエリー作りませんか???

 

 

 

 

 

 

 

DCIM0017.jpg

 

遂にスマホにしてしまいました!!2012.1.8

先週の日曜日遂に私もスマホデビューしてしまいました。これで一段とNTTの回線がパンクするリスクが増えたかも知れません(笑)

以前携帯は釣りに持参した際、水没してデーターがパーになった苦い経験もあり今回はまず防水が条件でした。私の場合、海外に持ち出す機会も多いのでそれも条件でしたが、スマホはどれも海外対応している様でした。私の場合、仕事、釣り、料理と兎角、画像を撮る機会が多くデジカメ+携帯は常に携帯しなければならない感じでしたが、案外いざ画像撮りたい!!と思う時デジカメ持参してなく携帯で撮るという機会も多かったのです。しかし、これでは満足な画像が撮れず出来ればデジカメ+スマホが理想でした。ところが、この問題を解決する物があったんです!!パナソニックが作るルミックスシリーズ!!これならいつでも何処でも綺麗な画像が撮る事が出来るのです。また、ルースや商品などの画像も何処でも簡単に出来ますので本当に便利だと思います。問題は、スマホ初心者まだまだ分からない事ばかりで操作に時間が掛かるのが難点かも??早く慣れてかっこよく使いこなしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1488.jpg

 

嬉しかった旧友の突然の御来店!!  2012.2.6

先日、突然中学部〜の旧友T君が奥様を連れてお店に来てくれました。

結婚20周年と言う事で「何か記念のリングをプレゼントしたい」と言う事でした。そんな大事な記念日のジュエリーを当店で!と思い出してくれた事は本当に嬉しい事でした。

特にウチで扱っている商品は希少性の高いブラジル産の石、しかもハンドメイドジュエリーが中心ですので、オーダーメイドしたのと変わらない出来栄え!正にこうした大事な記念日にはピッタリの逸品でした。結局、私のアドバイスも踏まえて無事に気に入った物も見つかり奥様大変嬉しそうでした。

彼とは学生の頃はバイク仲間で良くツーリングしたものです。そんな、懐かしい話にも花が咲き「また集まっ飲もうよ!」と約束したのでした。(実は前回はブラジルのフェジョアーダパーティー、少し暖かくなったシュラスコ(ブラジリアンバーベキュー〕と言う事に大体なったいるようです。)最近、私達の同級生の間でもフェイスブックがブームになっていて色々な情報が交換されて改めて皆の交流が盛んになってきています。

とっても良い事だと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1312.jpg

 

 

とっても魅力的なセンター1キャラアップのダイヤネックレス! 2012.2.3

今日は節分!!今朝はお店でも豆撒きをいたしました。

本当の新年は今日からですもんね。そんな新しい年にダイヤのネックレスは如何でしょうか??

プチダイヤもいいですが、結婚式などいざパーティーとなった際にはあまりにもボリュームがありません。普段使いも出来てちょっと大事な席でも着けられるそんな便利なネックレスがコレかもしれません。センターには大粒のペアシェーイプダイヤ 1.168ct/H-I-1

の迫力のダイヤ、そして周りのメレーダイヤは1.08ct こうしたネックレスの場合サイドの部分まで大粒のダイヤメレーだったりしますので普段に使い辛くなるものですが、これはプラチナチェーンで出来ているた丁度良いボリュームなんです。

コレだけの製品ですがお値段は ¥585.000-かなりお値打ちの逸品です!!

 

 IMG_1485.jpg

 

 

 

 

 

IMG_1486.jpg

 

ラピスラズリ原石+淡水ケシネックレス 2012.2.2

今日はドイツで研磨された美しいラピスのネックレスのご紹介です。

ラピスは危険から身を守ってくれ危機を乗超えられると信じられて来た石です。

色んなことが起こる現代ですが、お洒落に出来てしかもお守りのように身を守ってくれるとなれば更に嬉しいですね!!ラピス産地は主にアフガニスタン、チリ、ドイツなどが多く大抵近くに銅の鉱山があります。アフガニスタンは近年まで戦争をしていた場所でしたが実は地下資源が豊富で宝石類も様々な良質な物が出ます。今後、更に採掘が進めば市場に面白い石が出てくる事でしょう。

石の間には淡水ケシも使用してワイルドさとマイルドさもかもし出しています。

 

使いやすいラピスネックレス ¥85.000-(SV)

 

 IMG_1476.jpg

 

 

 

 

 

IMG_1475.jpg

 

  original jewelry   bridal jewelry   reform